オーディオプレーヤーを接続する

プリウスのカーナビには外部のAV機器を接続することができますので、 iPOD等のオーディオプレーヤーを接続する方法があちこちで紹介されています。 私も倣って工作してみました。

しかし室内でのケーブルの引き回しをどうするかが工夫のしどころです。 私の場合、センターコンソール内にプレーヤーを置くことにして、コンソールボックスの 中にRCA端子(いわゆるピンジャック)の入力端子盤を取り付けることにしました。

車体の加工は最小限とし、コンソールの取り外し時にケーブルが邪魔にならないように なっています。



まず、定番の富士通テン製ナビ用AV入力ケーブルであるKW-1275Aを カーショップで買ってきました。

KW-1275Aの取り付けは方法はあちこちのWebサイトで紹介されていますので写真は省略しますが、 後部座席左側のパネルを取り外した中にあるパネルにKW-1275Aの青い角型コネクタを挿入します。

KW-1275Aのケーブル長はとても短いのでコンソールまで届きません。 RCAプラグのAV延長ケーブル(2m)を使用して、センターコンソールのところまで ケーブルを引っ張ってきます。


ここからがコンソールの加工の始まりです。

まずセンターコンソールの後部のパネルを取り外します。エイやっと引っ張るだけではずれました。


ケーブルを引き出すための穴を開けます。 直径はRCAプラグ+ケーブル2本が同時に通る大きさが必要です。 今回使用したケーブルでは約15mmでちょうどです。


コンソールの内側から見るとこのとおり。背面に穴が開いているのが見えます。


こういうのを作りました。

電子工作用のプラスチックケースにRCA端子を取り付け、15cmぐらいのケーブルを オーディオ入力のL,Rにくわえて、ビデオ端子も付いています。 オーディオプレーヤーを接続するだけならばビデオ端子は不要なのですが 将来のためにとりあえず付けておきました。


完成図です。


今後の予定:





靖柳庵Homeへ

PRIUSの部屋に戻る