なぜプリウスなのか

なぜプリウスを選んだのか、

理由は一言でいうなら「カッコいいから」です。

「カッコいい」というのは全くもって主観的な評価ではありますが、 私にとってどこが評価ポイントであったか、いわゆるツボにはまった点というのを 挙げてみました。

ボディデザインが良いこと

実を言うとコレが非常に大きいポイントです。美しいです。カッコいいです。
実はトヨタ車のデザインはあまり好みでは無いものが多いのですが、 プリウスのデザインはツボにはまってしまいました。 全体的にシンプルで硬質なラインでまとめられていること、ルーフラインが美しいこと などが特に気に入っています。

エコカーであること

正直なところ、私のように日常の走行距離が短いユーザーの場合 どれほど環境に貢献できるのかは不明です。 しかし車の買い替え時にあえてエコカーを選択する気持ちというのは大切にしたかったのです。

また最近、環境を考慮すること・尊重することが広まりつつあるのは私的にはウェルカムです。 たとえそれが格好だけのケースが含まれるとしても。 ハリウッドのスターたちが普段大型リムジンやSUVに乗っていても アカデミー賞会場にプリウスで乗り付けるのは新しい価値観の象徴だと思います。 私はこれを素直に受け入れたいと思います。

クラスレスであること

昔に比べると今は個性的な車が多くなりましたが、 それでも車両価格や大きさ、排気量などでなんとなく高級感の差というかヒエラルキーを 感じさせる車種がまだまだ多いように思われます。

そもそも異なる車種の価値を数直線上に並べるような比較は不毛だと思いますが、 プリウスの場合、その独特のポジションゆえに他の車種と比較するのが 特にバカらしくなってしまいます。

この独特感が気に入っています。

先進的であること

プリウスは搭載しているメカニズムだけでも十分先進的だと思いますが、 インテリアのテイストやPOWERスイッチ・IPAのようなギミックなどを使って、 未来っぽさというのをとても上手に演出していると思うのです。

私はこの演出にやられました。




靖柳庵Homeへ

PRIUSの部屋に戻る